上質な授業を受けたいなら武蔵野音楽大学に行こう

勉強
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 音楽を楽しく学ぶために

音楽を楽しく学ぶために

楽器

自分に合ったものを選ぼう

音楽専門学校と一言にいっても、学科やコース等によって様々なものがあります。大きく分けると、演奏系、制作系、技術系などがあります。演奏系では楽器やヴォーカルなど、文字通り演奏に関することを学びます。音楽専門学校では実技を中心に演奏を学ぶことができます。制作系では作曲・編曲などを学び、加えて音楽制作ソフトの操作方法などを学びます。楽曲制作だけでなく、音楽プロデュース全般を学ぶこともできる音楽専門学校もあります。技術系ではレコーディングやミキシングなど、音響全般に関して学ぶことができます。機材の操作はもとより、演奏や制作をしながら学ぶことができることもあります。このように様々な系統があることを事前に知っておき、自分に適した学校を選ぶことがポイントの一つとなってくるでしょう。

様々なことも含めて学ぶ

音楽専門学校に入学する人はミュージシャンやクリエイター、エンジニアなどを目指しています。もちろん、音楽だけでなく、それぞれの系統に関する近接領域についても学ぶことの重要性も知っておくといいでしょう。一例を挙げれば、技術系で音響やレコーディングを学ぶ場合、電気や電子に関することも併せて学ぶこともあります。機材を使う以上、電気や電子のことも知っておいた方が習得しやすいためです。音楽専門学校は、いわば「様々な角度における音楽の専門家」を養成することが何よりの目的です。音楽の専門家は音楽のことだけを知っていればいいわけではなく、少しでも関係のあることを学んで習得することも必要になってきます。音楽専門学校の多くではできる限り幅広く音楽および音楽に関係することを学んで専門家を養成しているということを知っておくといいでしょう。