上質な授業を受けたいなら武蔵野音楽大学に行こう

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽を極めるなら

学生

武蔵野音大の沿革

武蔵野音楽大学とは、日本で初めて音楽大学として認可を受けた歴史ある大学です。その歴史は、1929年に武蔵野音楽大学の前身である武蔵野音楽学校が設立されたことに始まります。選ばれた優秀な音楽家が教師として声楽指導法や歌曲集編纂、小中学および高等学校の校歌作曲などを指導してきました。そして、新制大学発足の1949年に武蔵野音楽大学と名を改めたのです。以降、音楽を愛し知識や技術を深く学び身に付けたいという学生を育て、現在も実力ある多くの卒業生を排出する専門性の高い学校であるといえます。大学の音楽学部には器楽、声楽、作曲、音楽学、音楽教育、ヴィルトゥオーソ、音楽環境運営という学科を設置しています。

武蔵野音大を目指すには

武蔵野音楽大学には学生が自分の力を試せる環境があります。年間100回を超えるコンサートや学園祭での演奏、オーケストラや声楽の選抜オーディションなど、発表の場を多く持つことで個々の実力向上はもちろん、チームとしての音楽をも高めることにつながります。入学には入学試験をクリアする必要がありますがその内容は、音楽大学独特な内容となっておりそれ相応の対策が必要です。楽器の演奏を主とする器楽学科の場合は、課題曲の演奏に加え指定された音階の演奏、音楽に関する学科試験と一般教養として国語と英語の筆記試験、面接が課されます。実技課題についてはその年度の入学試験要項を確認する必要があります。武蔵野音楽大学の公式ホームページでは過去問題を閲覧することができます。